ランチパックはカビが生えない?

20061021214451
出典 http://pumia.blog40.fc2.com/

今でこそ食べませんが、山崎製パンのランチパック

結構好きでちょくちょく買って食べていたことが有ります。

しかしこのランチパック

ネットで調べてみると良い噂が全く無いですね・・

なんと山崎製パンは

臭素酸カリウムという名前からして

劇薬としか思えない薬品をパンの防腐剤として使っているそうです。

山崎製パンの社長は

社員が無添加のパンを作りたいと申し出たところ

「無添加でいいもの作れるはずないだろ!」と激怒したそうです。

無添加でいいもの

ここで社長が言ういいものというのは

商品として長持ちして

経費のロスが少ないもののことを言っているのでしょう

しかもこの社長

自社製品のパンは絶対に食べないそうです。

逆にカップヌードルなどで有名な日清食品の

創業者でもあった安藤百福氏は

自社の商品をほとんど毎日食べていたらしいです。

しかも96歳まで生きた。

この違いは何だろう

もちろん日清食品の製品にも保存料の類は

含まれているでしょうけど

自社製品を食べないとか有り得ないですね

ユニクロの社長がユニクロの服を着ない

みたいなものでしょうか

これらは単なるネット上の噂のレベルなのかもしれませんが

山崎製パンは公式HPでランチパックの素晴らしさと共に

臭素酸カリウムの使用を認める記載を公表しています。

「ランチパック」シリーズのパンには品質改善と風味の向上のため臭素酸カリウムを使用しております。
残存に関しては厚生労働省の定める基準に合致しております。
((社)日本パン工業会 科学技術委員会小委員会)

いくら人体に影響の無い程度の使用で

厚生労働省の基準を満たしていると言われても

食べる気しなくなりますよね・・・

あえて商品のイメージを悪くしている物質を頑なに

使い続けるということには

パンを食べる側と

商品として製造して利益を上げる側とで

大きな隔たりが有るんだなと実感しました。

これを聞いて山崎製パンのパンを買おうと思う人

居るのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました