日傘は大袈裟だけど、という人はマスクと長袖のシャツ

日傘は面倒だったり、大袈裟と感じる方は大きめのマスクと長袖のシャツ(出来れば手の甲まで隠れるくらい長いもの)を着用すると良いでしょう

ただしこれは通勤時などの短時間外を歩く場合に限ります。

長時間日光に照らされる場合は、マスクや長袖シャツでは無力というか、逆に変な日焼け跡がつく可能性が有りますので、日焼け止めや日傘は必須となります。

出勤等で短時間日光の下で歩く場合、意外と紫外線の影響を受けやすい部位は手の甲です。

顔よりも角度的に直で日光の照射を受けてしまうからだと考えられます。

手の甲は顔よりも他人の目に触れる機会が多い部位でも有りますから、よくオバさんがしてるみたいなこういうのを着用するか・・・incontro-10
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kanon-web/10000596.html

日焼け止めを塗るなりして対策した方が賢明です。

紫外線対策さえ万全にすれば、実年齢より10歳は若く見せることが余裕で成し遂げられますので

今まで紫外線に無頓着だった方は、是非今年の夏から万全の対策をして外出しましょう

肌が汚いと思われる方の大半は、若いころ日焼けしまくったことが原因です。

白人の人達が年取ると肌が汚くなって劣化してしまうのは、西洋人は日焼けしていることが豊かな生活をしているステータスという謎な価値観を持っています。

本来紫外線に弱い性質を持ちながら日焼けすることがステータスって、自らの手で自分の肌をボロボロに汚しているに等しい行為です。

いつまでも綺麗な肌で居たかったら日焼けはしないこと!

太陽の光のもとで生活しているいじょう、容易では有りませんが、不可能なことでは有りません

コメント

タイトルとURLをコピーしました