美しさと魅力

「完璧なものは美しいけれど魅力とは別です」

「彫刻でも機械で彫った完璧なものよりも

人が手で作ったわずかにずれがある方が魅力的なのです」

これはうさこが読んだ小説に出てくる登場人物が言ってた言葉です

ゆらぎには魅力があると言っています

確かにそうかもしれません

あまりにも整いすぎていると無機質でつまらない顔になるのも事実だからです

 

だけどうさこにはどうしても許せないずれが一つあるんです

どうしてもそれを魅力だと受け入れられないんです

このずれを来年治すことができればいいなぁと思っています

 

みなさんは美しさと魅力のどちらを求めますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました