チック症は見苦しい?

img_1488847_61918184_0
出典 Autumn Snake

こと有るごとに目をしかめたり、顔半分を歪めたり

特定の語句を発したり・・・

というのがチック症の症状です。

分かり易く言えば

石原慎太郎さんやビートたけしさんの様な状態

石原さんは、目をやたらパチパチ瞬きしますし

たけしさんは、よくモノマネでもされている、肩を回す仕草が有名です。

原因は、精神的部分が大きいらしく

子供によく見られる現象です。

チックは小児期によく出現し、平均は6歳前後です。大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。10歳を過ぎれば徐々にチックは減少しますが、一部には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症もあります。

特に体に害が有る状況ではないのですが

社会生活を送っていく上で

見栄えは良くないですし

見る人に落ち着きの無い印象を与えてしまいます。

面接などのここぞという場面で損をする可能性も高いですね。

十分な実害が有る病気とも言える状態になりかねません。

精神疾患的要素が強いので、

直接的な治療法は無いみたいですが

ボトックス注射等で、該当部分の筋肉の動きを封じることによって

改善するこが出来るみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました