年齢に不相応な若さで有名な漫画家、荒木飛呂彦氏

120725arakinhk
出典 Kotaku JAPAN

スポンサーリンク

ジョジョで有名な漫画家、荒木飛呂彦氏

1960年6月7日の現在53歳

年々若返ってるとすら言われています。

彼は漫画家なので、医学の力で若さを保ってるとは思えませんから普段の生活習慣と、生まれ持ったものが上手い具合に絡み合って今の状態を作り上げているのだと思います。

a2e89507
出典 2ちゃんねるスレッドより

これは荒木飛呂彦氏の外見の遍歴を、一覧にした有名な画像です。

若いころは逆に老け顔なのかなという印象を持ちました。

それにしても20代当時から比べて、基本的な印象が全く変わらないというのが恐ろしいです。

さすがに映像で観ると雑誌の表紙の様にはいかず、年相応な面もみられますが、それでも十分過ぎる程若い。

ネットで彼の若さの秘訣について調べてみると、色々有益な情報が出てきました。

①夜は10時就寝、朝は5時半起床、その後小1時間お散歩
②朝食は自作の生野菜ジュース
③昼食は野菜中心のメニュー
④夕食は食べない
⑤ストレス解消の趣味

ほぼ何も食ってねーじゃねーか!とすら思えますが、野菜中心というのは、健康に良さそうですね。

早寝早起きの規則正しい生活というのもポイント高そうです。

荒木飛呂彦先生はタバコが苦手で、最近(1991年)は人が隣りで吸っているのも嫌で、ついには登場人物の「くわえタバコのホル・ホース(敵)」にまで禁煙をさせてしまったそうです。

タバコは吸わない!

太陽光を浴びないのが若さの秘訣だと週刊プレイボーイ誌の南海キャンディーズとの対談でおっしゃっていました。

日焼けダメ絶対!

こんな発言もしています。

「よくわからないんですけど、一応東京都の水道水で毎日顔を洗っているくらいで、とくに何もしていません。」

東京都の水道水に秘密が?

そんな訳はないですよね・・。

ポイントとしては、規則正しい生活と 野菜中心の食生活なのかなと思いました。

そしてそれらを、自然に無理せず出来ているからこそ、荒木飛呂彦さんが53歳となった今でも若さを保っているのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました