ニードル脱毛と比べたら光脱毛なんか痛くない。

スポンサーリンク

かつての脱毛といえば、針を使って毛穴を刺激する「ニードル法」など、痛みを伴うものがほとんどでした。

ニードル法は、当たり前ですが施術中ずっと毛穴に針を刺されるので結構痛いです。

タトゥーを彫っているのと痛みとしては同じです。

しかし、近年の脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛」と呼ばれる方法が採用されています。

個人差はありますが、フラッシュ脱毛は少しチクッとする程度で、あまり痛みを感じることなく脱毛することができます。

ただし、Vラインなど毛が濃い部分には少し痛みが強くなります。

全身脱毛をする際には、施術時に痛みがないかどうかが気になるところです。

現在では、ほとんどの脱毛サロンで光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛が採用されています。

フラッシュ脱毛とは、脱毛部位の広い範囲に数秒以内に効果的な光を当てて脱毛するというものです。

そのため、個人差はありますが、他の脱毛方法に比べて痛みが少なく、利用者からの支持が高いです。

ファッションに影響を与えるムダ毛を脱毛するためにエステサロンや脱毛サロンに行くと、施術が終わってからしばらく待たなければなりません。

ムダ毛が生えているタイミングほど効果が出ないはずなので、施術の間隔は2ヶ月程度にしておきましょう。

脱毛が完了するまでには、最低でも1年から2年はかかるので、長期間通いやすいかどうかを考慮して脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

脱毛サロンに行くと、女性らしいワキや脚を手に入れることができますし、施術をしてくれるエステティシャンとたくさん話をすることができます。

デメリットとしては、高額になることがあります。

その上で、場合によってはしつこく勧誘されることもあります。

しかし、近年では強引な勧誘は禁止されているので、断ればいいのです。

脱毛サロンでお肌をきれいにしてもらった直後は、刺激物を肌につけないように気をつけましょう。

施術方法に関わらず、肌は例外なく外部からの刺激に過剰反応する状態になっています。

例えば、強い日差しの下を歩いたり、お風呂に入ったり、マッサージ中に強く触られたり揉まれたりすることは、肌が過剰反応してしまう可能性が高いです。

脱毛サロンで受ける注意事項は必ず守るようにしましょう。

永久脱毛とは、レーザーなどの機械を使って、毛や毛根にあるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作っている組織そのものを破壊し、永久的に毛が生えてこないようにする施術のことです。

レーザーを使ったレーザー脱毛の他に、ニードル脱毛と呼ばれる方法もありますが、最近ではレーザーが主流となっています。

いずれの場合も、毛を作っている組織を破壊することで、毛が生えてくるのを防ぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました