胎盤(プラセンタ)を食べてアンチエイジング

胎盤を食べると聞くと、ギョッとする方も多いと思いますが

美容に興味が有る方ならプラセンタという呼び名で聞き慣れてるのではないでしょうか?

胎盤には5大栄養素の他、酵素、核酸、ムコ多糖体、アミノ酸等が含まれており

哺乳類が哺乳類になる為に必要な栄養そのものが胎盤なのです。

サプリとしてのプラセンタは馬や羊や豚といった家畜から採取されていますが

今回話題とするのは、人間の胎盤を食べることについてです。

調べてみると意外と古くから人間の胎盤を食べる風習が有るみたいで

某中国やなんかだと非正規ルートで病院から手に入れたりも出来るらしいです。

美容の為とはいえ、見ず知らずの女性の胎盤を食べるとか普通は嫌だと思うのですが

美容の為となると、その辺のハードルは下がってしまうのでしょうか・・・

野生の動物の多くは出産後自身の胎盤を食べて産後の栄養補給を行います。

胎盤を食べるという行為は、生き物としては正常な行為です。

でもやはり人間の胎盤を食べる

イコール人間を食べるイコール共食いですから

普通だと抵抗有りますよね・・

調べによると胎盤を食べることを推奨している病院も有り

普通に食べて美味しかったという記載も多々みられます。

焼いて食べるという話が一番多かったです。

ホルモンですね・・・

ママ友の胎盤を料理して食べたというブログも有りました。

載ってる画像を見る限り美味しそうな色してます。

胎盤を食べることに抵抗の有る方は大人しくプラセンタのサプリを使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました